• アイハーブ注文方法
  • iherbとは

※ アイハーブの送料や商品価格、割引クーポンなどが大幅に変更されました。修正しきれていない箇所もありますが、順次変更していきます。
【2018年5月17日現在アイハーブで使えるクーポン一覧】

  • 全員対象10%割引クーポンコード:JAPANTEN
    期間限定【2018年5月24日(木)午前2時まで】・一人一回限り
  • 初回限定5%割引クーポンコード:KUM437
  • 初回アプリの購入で5ドルOFFクーポンコード:APPS2018

ウェレダのカレンデュラシャンプー&ボディウォッシュ【WELEDA】

ウェレダのカレンデュラシャンプー&ボディウォッシュ【WELEDA】

最近の定番シャンプーは、ほぼデザートエッセンスに決まりつつあるのだが、大好きなWELEDAからもシャンプーが出ているので、とりあえず使ってみることに。

実際に使ってみた感想・レビューなど。

現在の割引は、期間限定全員対象10%OFF+初回限定5%割引クーポン+ロイヤルティクレジット5%OFF。

上記のリンクで、クーポンが適用されます。

  • 全員対象10%割引クーポンコード:JAPANTEN
  • 初回限定5%割引クーポンコード:KUM437

さらに、40ドル以上で送料無料キャンペーンも行われており、コンビニ払いも利用できるように。

アイハーブは消費税8%もかからない上に、円高になるとさらにお得になります。

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

アトピーで肌荒れした時によく使っているのがカレンデュラクリームなので、WELEDAということもあって今回はかなり期待して使ってみたのだが、結果は個人的にいまいちかなというのが正直な感想。

¥1,118(2017年7月30日現在)

  • 認定ナチュラル 100%

【成分】

水、ココグルコシド、甘草アーモンド油、ココイルグルタメートアルコール二ナトリウム、ゴマ種子油、グリセリン、カラギーナン抽出物、ココイルグルタメートナトリウム、カレンデュラオフィシナリスフラワーエキス、キサンタンガム、乳酸酸、芳香(パフューム)、リモネン、リナロール

ウェレダ・カレンデュラベビー用ボディーウォッシュ・シャンプー

最近は洗った後に頭皮が痒くならなくて、顔の皮膚も荒れないデザートエッセンスのシャンプーが定番になりつつあるのだが、WELEDAならとトライしてみた。

ウェレダというメーカーがとにかく大好きで、製品づくりに妥協を許さない姿勢に共感し、一番信頼している会社の一つだったりするのだが、残念ながらこのシャンプーは、あくまで個人的な感想だが、いけてなかったかも。

レビューを見ると、気に入っている人もいるようだが、わが家で使った限りだと、髪の毛というより顔が乾燥してしまう。

1回目洗った時に乾燥したのだけど、肌が弱ってたのかもと思いもう一度使ってみたが、やっぱり顔が乾燥する。

シャンプーは洗顔料以上に長い間顔にくっついてるものだから、髪の毛の洗い上がりが良い物はけっこうあるけど、いつも顔が荒れたりすることが多くて、なかなかコレだ!というお気に入りを見つけるのが難しい。

これは、ウェレダ初の失敗かな。

あくまで個人的な感想で、気に入って使っている人には申し訳ないのだが、う~ん残念。

有機農法を超えたダイナミック農法で作られた素材を使っているのに、合わないなんてなんてもったいないなと思ったりも。

チューブ式のパッケージなので、洗顔フォームのよう。

香りはかなり強いのだけれど、天然の香料を使っているからか、すぐに消えて無くなってしまう。

ほんのりお香のような香りが残るかなという程度。

もったいないから最後まで使いたいところだけど、やっぱり乾燥してしまう。

クリームが良かっただけに残念。

購入したいけど、英語が苦手、海外通販サイトでの購入なんて不安という方も大丈夫。

私も今まで海外から輸入することなんてなかったのですが、今や輸入回数160回以上でトラブルは一度もありません。

買い物の方法は下記のページに、なるべくわかりやすく書いたつもりなので、よかったら参考にしてみてください。

⇒ 【iherbアイハーブの注文方法】 初めてでも英語が出来なくても簡単♪

アイハーブでの購入はクーポン利用が絶対おすすめ!

iherb アイハーブには、初回限定10ドル&5%割引で購入出来るクーポンがあります。

購入金額にかかわらず、下記のコードを使うと自動的に買い物額から値引きされるので、ぜひ利用してみてください。

iHerbの割引コード初回限定10ドル&5%割引ダブルのクーポン
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ