iHerbアイハーブってどんなサイト?
  • アイハーブ注文方法
  • iherbとは

※ アイハーブの送料や商品価格、割引クーポンなどが大幅に変更されました。修正しきれていない箇所もありますが、順次変更していきます。現在の割引は「FEBEND」を使うと誰でも全員5ドル引きになります。

話題のマキベリーを激安で購入、食べてみた感想・口コミ

話題のマキベリーを激安で購入、食べてみた感想・口コミ

アイハーブiherbで購入した話題のスーパーフード「マキベリー」

テレビで取りあげられて以来注目されています。

ロー(非加熱)・オーガニック・遺伝子組み換え食物不使用・保存料・添加物不使用のSun Food(サンフード)のマキベリーパウダーの口コミ・感想・・・

只今、アイハーブでは60ドル(約6,800円)以上注文すると誰でも全員5ドル(約560円)オフの期間限定割引キャンペーンが行われています。(残りわずか!2017年3月2日(木)午前3時までの期間限定)+ロイヤルティクレジット5%OFFの通常割引と合わせるとさらにお得。

上記のリンクで、5ドル(約560円)オフが適用されます。

さらに期間限定で送料無料も復活中(60ドル以上購入)

  • 誰でも全員5ドル割引クーポンコード:FEBEND

さらに今週いっぱい(2017年3月2日(木)午前3時まで)スポーツ栄養やミネラルなどがセール中

アイハーブは消費税8%もかからない上に、現在の円高で数ヶ月前に比べ約10%分安くなっているという、かなりお得なこのタイミング。

ぜひお見逃しなく!

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

デパートや百貨店でも多く取り扱われている「SunFood(サンフード)」

iHerbアイハーブなら日本の半額以下で購入することができます。

マキベリーの他にもカムカムやカカオなどのオーガニックローフードパウダーがありますが、日本では100グラムちょっとで5,000円前後するなど、とても庶民には買えないセレブ向けの高級ブランドです。

アイハーブiherbも半額以下で売られているとはいえ、決して安くはないのですが・・・

抗酸化力世界ナンバーワンのフルーツ、テレビでも話題になったマキベリー。

ミーハーですがやっぱり試してみたくなってしまいました。

¥2,153(2015.3.23現在)

マキベリーとは

「世界一受けたい授業」で取りあげられて一躍話題になったスーパーフルーツ。

ローラちゃんやミランダ・カーなど芸能人たちも愛用していたり、「メレンゲの気持ち」にも登場するなど、今めちゃめちゃ話題になっています。

見た目はブルーベリーそっくり。

写真:How to Live Healthy

抗酸化力はアサイーよりも高く、アンチエイジング向けのフルーツとして注目されています。

マキベリーが南米のジャングルの奥地で発見されたのはつい最近のことなんだそうですが、その抗酸化力の高さ・栄養素でたちまち世界中に広まったんだとか。

日本だけじゃなく世界中から注目されているフルーツなんだそうです。

マキベリーの味・香りなど口コミ・感想

アサイーに似ている濃い紫色のパウダーです。

アサイーは味があまりないのに対し、マキベリーは甘酸っぱい味がします。

アイハーブは安いとはいえ、113グラムで2000円超はたまにしか買えない価格かなと。

抗酸化力の高さは魅力的ですが、あたりまえですがマキベリーを食べて痩せたとか肌がきれいになったとか劇的な変化はありませんでした。

長い目で見て若さを維持したい、美しくなりたいので、普段のフルーツや野菜にプラスして摂っておきたいなとも思います。

購入したいけど、英語が苦手、海外通販サイトでの購入なんて不安という方も大丈夫。

私も今まで海外から輸入することなんてなかったのですが、今や輸入回数160回以上でトラブルは一度もありません。

買い物の方法は下記のページに、なるべくわかりやすく書いたつもりなので、よかったら参考にしてみてください。

⇒ 【iherbアイハーブの注文方法】 初めてでも英語が出来なくても簡単♪

いまなら海外からお得な送料でお買い物できるし下記のクーポンコードを使えば初回限定で5ドルOFFになります。

誰でも使えるクーポン利用が絶対おすすめ!

iherb アイハーブには、どなたでも5ドルOFFで購入出来るクーポンがあります。

60ドル以上のお買い物で下記のコードを使うと、自動的に買い物額から5ドル値引きされるので、ぜひ利用してみてください。

全員5ドルOFFクーポン
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

注文の際に、iHerbの割引コードFEBENDを入力すると
5ドル割引されます。

カテゴリー:健康食品

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ