• アイハーブ注文方法
  • iherbとは

※ アイハーブの送料や商品価格、割引クーポンなどが大幅に変更されました。修正しきれていない箇所もありますが、順次変更していきます。
【2018年10月7日現在アイハーブで使えるクーポン一覧】

  • ロイヤルティクレジット5%→10%期間限定増量中
  • 初回限定10ドル割引クーポンコード:JP2018
  • 初回・リピーター全員対象5%割引クーポンコード:KUM437
  • アスタキサンチン・スピルリナなど20%割引クーポンコード:3SUPPS
    期間限定
  • スポーツ栄養ブランド30%OFF:MusclePharm Natural ・ Muscletech
    期間限定
  • 初回アプリの購入で5ドルOFFクーポンコード:APPS2018

話題のアミノ酸「グリシン」睡眠改善効果を試してみる

話題のアミノ酸「グリシン」睡眠改善効果を試してみる

コマーシャルやネット広告で大々的に宣伝されている話題のグリシンを試してみました。

もともと、コラーゲンを寝る前に摂ったり、肉類を食べた日の方がよく眠れる気がしていたので、コラーゲンの3分の1を占めるグリシンが注目されるのは納得。

アミノ酸の一種なので、安心して摂れるのも魅力です。

現在の割引は、初回限定10ドルOFFクーポン+全員・全商品対象5%割引クーポン

上記のリンクで、クーポンが適用されます。

  • 全員対象5%割引クーポンコード:KUM437
  • 初回限定10ドル割引クーポンコード:JP2018

さらに、40ドル以上で送料無料キャンペーンも行われており、コンビニ払いも利用できるように。

アイハーブは消費税8%もかからない上に、円高になるとさらにお得になります。

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

ネットで販売されている商品の値段を見てビックリ、めちゃ高いんですけど、きっとそれだけ睡眠に悩んでいる人は多くて、藁にもすがりたい思いで、需要があるのかもしれません。

全く同じ成分のグリシンがアイハーブで安く手に入るので、試してみました。

¥1,148(2018年10月10日現在)

  • ノンGMO
  • グルテンフリー
  • ビーガン

【原材料・成分】

グリシン(フリーフォーム)500 mg 1カプセル当たり

植物性セルロース、微結晶性セルロース、植物性ステアリン酸マグネシウム、植物性ステアリン酸。

グルテン、小麦、乳製品、大豆、酵母、砂糖、ナトリウム、人工味、甘味料、防腐剤および着色料は含まれていません。

ソルガー・グリシンの感想・レビュー

結果からいうと、睡眠時間が減って、肌の調子が良くなりました。

やっぱりアミノ酸系は、個人的に結果を出すサプリが多いなという印象があったりします。

深部の体温を下げて睡眠の質を上げるという、なんともややこしいメカニズムなので、色々調べたのですが、仕組みが良くわからなくて、でも、グリシンはコラーゲンの3分の1を占めるアミノ酸なので、食品と同じ感覚で摂れる安心感があります。

某大手食品メーカーが大々的に売り出しているだけあるかも。

値段的にもお手頃だし、ちょっと続けてみようと思います。

睡眠の質を高めると、体がどんどん元気になっていくのがわかります。

加齢と共に、メラトニンやセロトニンなど睡眠に関わるホルモンの分泌が減って、睡眠の質がどんどん悪化していくので、こういったサプリで補完することも大切なのかなと思います。

アイハーブサプリ1錠あたり500mgですが、宣伝されているサプリは一日あたり3000mg入っているようなので、食品感覚でガッツリ摂っても問題ないみたいですね。

今回購入したサプリは、一日2錠が用量として定められていますが、もうちょっと摂ってもいいのかもしれません。

とりあえず、しばらくは寝る前に一錠を続けてみようと思います。

購入したいけど、英語が苦手、海外通販サイトでの購入なんて不安という方も大丈夫。

私も今まで海外から輸入することなんてなかったのですが、今や輸入回数160回以上でトラブルは一度もありません。

買い物の方法は下記のページに、なるべくわかりやすく書いたつもりなので、よかったら参考にしてみてください。

⇒ 【iherbアイハーブの注文方法】 初めてでも英語が出来なくても簡単♪

アイハーブでの購入はクーポン利用が絶対おすすめ!

iherb アイハーブには、初回限定10ドル&5%割引で購入出来るクーポンがあります。

購入金額にかかわらず、下記のコードを使うと自動的に買い物額から値引きされるので、ぜひ利用してみてください。

iHerbの割引コード初回限定10ドル&5%割引ダブルのクーポン
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ