• アイハーブ注文方法
  • iherbとは

※ アイハーブの送料や商品価格、割引クーポンなどが大幅に変更されました。修正しきれていない箇所もありますが、順次変更していきます。
【2017年10月21日現在アイハーブで使えるクーポン一覧】

  • 初回限定10ドル割引&5%OFFクーポンコード(40ドル以上):GNEW10
    11月2日(木)まで
  • 初回・リピート全員・全商品5%割引クーポンコード:KUM437
    (KUM437のみ全てのクーポンと同時利用可)
  • スポーツ栄養4ブランド20%割引クーポンコード:IOVATE20OFF
    MuscletechPurely InspiredSix StarHydroxycut
  • 初回アプリの購入で5ドルOFFクーポンコード:APPS2017

職場用に購入したミントの風味爽やかナチュラルな歯磨き粉【Jason Natural】

職場用に購入したミントの風味爽やかナチュラルな歯磨き粉【Jason Natural】

アイハーブの歯磨き粉の中で断トツ一位に大好きなのは、WELEDAの塩歯磨き粉だが、会社や旅行用に使うとなるとプラスチック容器の歯磨き粉のほうが便利。

さっぱり爽やかなミント味、ラウリル硫酸塩や人口保存料・着色料を含まないナチュラルなジェイソンナチュラルの歯磨き粉を購入。

現在の割引は、全員5%OFF+初回限定5%&10ドルOFFダブルの割引クーポン+ロイヤルティクレジット5%OFF。

上記のリンクで、クーポンが適用されます。

※ 2つのクーポン同時利用可能。

さらに、40ドル以上で送料無料キャンペーンも行われており、コンビニ払いも利用できるように。

アイハーブは消費税8%もかからない上に、円高になるとさらにお得になります。

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

相変わらず塩歯磨き粉に勝るものはないのだが、プラスチックの容器を極力使わないWELEDAなので、持ち運びに便利なプラスチック容器入り歯磨き粉で、成分が良さげなものを購入。

¥244(2017年7月16日現在)

  • フッ化物フリー
  • ラウリル硫酸ナトリウム不使用
  • ホワイトニング

【成分】

炭酸カルシウム、水(水)、グリセリン、ココイルグルタミン酸ナトリウム、スペルミント葉油、カラギーナン、アロエババデンシス葉汁*、アファニゾメノスフロスアクアパウダー、バンブサアランディナセア茎粉、カヌーペトロセリナム(パセリ)抽出物、シトラスグランディス(グレープフルーツ)種子エキス、オオムギ種子エキス、ステビアレバウディアナ葉/茎エキス、シリカ、重炭酸ナトリウム

*認定有機成分

ジェイソンナチュラル・スペアミント歯磨き粉の感想・レビュー

完全に外用なので、見た目のかわいさは大事、コンパクトさも必要ということで選んだのがコレ。

英語の文字がずらっと並んでいるだけでおしゃれ度がグッとアップする。

作りも日本の歯磨き粉のパッケージのように繊細に作られているから、ペーストが漏れたりなんておかしなことにはならないと思う。

ここ数年、泡が立たない歯磨き粉を使い続けてきたので、最初のうちは口の中がアワアワして慣れなかったが、会社とかで短時間にサッパリするなら、こっちのほうがいいかも。

ミントの香りも上品で、ほのかな甘みも感じられるが、子どもにはちょっとキツいピリピリ感かも。

会社のお供として、この歯磨き粉で口の中をサッパリさせて、お昼からも頑張ろうと思う。

購入したいけど、英語が苦手、海外通販サイトでの購入なんて不安という方も大丈夫。

私も今まで海外から輸入することなんてなかったのですが、今や輸入回数160回以上でトラブルは一度もありません。

買い物の方法は下記のページに、なるべくわかりやすく書いたつもりなので、よかったら参考にしてみてください。

⇒ 【iherbアイハーブの注文方法】 初めてでも英語が出来なくても簡単♪

いまなら海外からお得な送料でお買い物できるし下記のクーポンコードを使えば全員5%OFFになります。

アイハーブでの購入はクーポン利用が絶対おすすめ!

iherb アイハーブには、全員5%OFF+初回限定5%&10ドルOFFで購入出来るクーポンがあります。

購入金額にかかわらず、下記のコードを使うと自動的に買い物額から値引きされるので、ぜひ利用してみてください。

iHerbの割引コード全員5%OFF+初回限定5%&10ドルOFFクーポン
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

注文の際に、iHerbの割引コードKUM437を入力すると
全員5%+初回限定5%&10ドル割引されます。

カテゴリー:歯磨き粉・フロス

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ