• アイハーブ注文方法
  • iherbとは

※ アイハーブの送料や商品価格、割引クーポンなどが大幅に変更されました。修正しきれていない箇所もありますが、順次変更していきます。
【2018年9月23日現在アイハーブで使えるクーポン一覧】

  • ロイヤルティクレジット5%→10%期間限定増量中
  • 9月限定22%割引クーポンコード:22BEAUTY
    ※ 期間毎に対象となるカテゴリーが入れ替わります。
  • 初回限定10ドル割引クーポンコード:JP2018
  • 初回・リピーター全員対象5%割引クーポンコード:KUM437
  • アスタキサンチン・スピルリナなど20%割引クーポンコード:3SUPPS
    期間限定
  • スポーツ栄養ブランド30%OFF:MusclePharm Natural ・ Muscletech
    期間限定
  • 初回アプリの購入で5ドルOFFクーポンコード:APPS2018

アイハーブ一番人気チョコメーカーのプレッツエル入りミルクチョコレート【Chocolove】

アイハーブ一番人気チョコメーカーのプレッツエル入りミルクチョコレート【Chocolove】

アイハーブ一番人気のチョコレートメーカー「チョコラブ」のプレッツエル入りミルクチョコレート。

相変わらずの美味しさで、甘めのチョコレートが好きな方におすすめです。

プレッツエルとの相性もバツグンですが、アイハーブの美味しいプレッツエル単体を買ってチョコラブのアーモンド&シーソルトと食べるのもアリかも。

現在の割引は、初回限定10ドルOFFクーポン+全員・全商品対象5%割引クーポン

上記のリンクで、クーポンが適用されます。

  • 全員対象5%割引クーポンコード:KUM437
  • 初回限定10ドル割引クーポンコード:JP2018

さらに、40ドル以上で送料無料キャンペーンも行われており、コンビニ払いも利用できるように。

アイハーブは消費税8%もかからない上に、円高になるとさらにお得になります。

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

ベルギー産のチョコレートを使用したチョコラブの魅力は、何といっても塩の使い方。

カカオのうま味と甘さと塩味が良い感じにコラボしていて、ついつい買ってしまいます。

¥292(2018年2月24日現在)

  • コーシャ
  • カカオ33%

【原材料・成分】

ミルクチョコレート(砂糖、ココアバター、ミルク、ココアリカー、大豆レシチン、バニラ)、プレッツェル:濃縮小麦粉(小麦粉、ナイアシン、鉄、チアミン、リボフラビン、葉酸)、水、麦芽、塩、大豆油および/またはキャノーラ油、酵母、ソーダ

*社会的責任を果たしていることが認定された成分を使用しています。

ピーナッツや他のナッツのかけらが混入しているかもしれません。

チョコラブ・プレッツエルミルクチョコレートの感想・レビュー

パッケージははがき風、封筒風になっています。

日本の板チョコは、厚紙に包まれているけど、チョコラボは薄い紙なので、配送で割れてしまっていることが多いです。

立体的な曲線が美しい。

チョコラボの魅力である口どけの滑らかさが伝わってきます。

プレッツエルが程よく散りばめられていて美味しいのですが、チョコラボのミルクチョコレートはけっこう甘味が強いので、美味しいプレッツエルを購入して一緒に食べたら、さらに美味しくてお得かもって思いました。

チョコラブの板チョコはけっこう甘くてボリュームもたっぷりなんですけど、何故か日本の板チョコみたいに吹き出物が出たりしないので、やっぱり成分にはこだわっているのかなという体感があります。

日本のチョコレートはとても美しいですが、光沢剤とか香料とかあんまり良くないのかもしれません。

購入したいけど、英語が苦手、海外通販サイトでの購入なんて不安という方も大丈夫。

私も今まで海外から輸入することなんてなかったのですが、今や輸入回数160回以上でトラブルは一度もありません。

買い物の方法は下記のページに、なるべくわかりやすく書いたつもりなので、よかったら参考にしてみてください。

⇒ 【iherbアイハーブの注文方法】 初めてでも英語が出来なくても簡単♪

アイハーブでの購入はクーポン利用が絶対おすすめ!

iherb アイハーブには、初回限定10ドル&5%割引で購入出来るクーポンがあります。

購入金額にかかわらず、下記のコードを使うと自動的に買い物額から値引きされるので、ぜひ利用してみてください。

iHerbの割引コード初回限定10ドル&5%割引ダブルのクーポン
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

カテゴリー:お菓子・おやつ 食品

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ