• アイハーブ注文方法
  • iherbとは

※ アイハーブの送料や商品価格、割引クーポンなどが大幅に変更されました。修正しきれていない箇所もありますが、順次変更していきます。
【2018年10月7日現在アイハーブで使えるクーポン一覧】

  • ロイヤルティクレジット5%→10%期間限定増量中
  • 初回限定10ドル割引クーポンコード:JP2018
  • 初回・リピーター全員対象5%割引クーポンコード:KUM437
  • アスタキサンチン・スピルリナなど20%割引クーポンコード:3SUPPS
    期間限定
  • スポーツ栄養ブランド30%OFF:MusclePharm Natural ・ Muscletech
    期間限定
  • 初回アプリの購入で5ドルOFFクーポンコード:APPS2018

ぜんそく・アトピー・糖尿病・癌にいいというマグネシウム経皮吸収療法を試してみる

ぜんそく・アトピー・糖尿病・癌にいいというマグネシウム経皮吸収療法を試してみる

マグネシウム経皮吸収療法なるものを始めてみました。

リラックス効果、ぜんそく・アトピーに対する効果、癌や糖尿病などの生活習慣病に対する働きなどが注目されているマグネシウムを皮膚から吸収してしまおうという試みです。

現在の割引は、初回限定10ドルOFFクーポン+全員・全商品対象5%割引クーポン

上記のリンクで、クーポンが適用されます。

  • 全員対象5%割引クーポンコード:KUM437
  • 初回限定10ドル割引クーポンコード:JP2018

さらに、40ドル以上で送料無料キャンペーンも行われており、コンビニ払いも利用できるように。

アイハーブは消費税8%もかからない上に、円高になるとさらにお得になります。

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

【追記2017年2月17日】現在はマグネシウムが40%も含まれているという死海の塩を使ってマグネシウム補給しています。当記事ではマグネシウムの働きについて色々調べていますが、個人的な体感としては、とてもいいです。子どものアトピーにも明らかにいいし、夜はぐっすり眠れるし、死海のマグネシウムミネラル風呂につかると、ぐっすり深く眠ることができます。詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。
大容量!アイハーブの死海バスソルトでミネラル補給&アトピー対策【Frontier Natural Products】

わくわくするような健康法を発見したので、さっそくアイハーブから取り寄せてやってみました。

¥961(2015.7.14現在)

マグネシウム!

体内の酵素300種類以上の働きに関わる重要なミネラルです。

カルシウムや鉄分などのミネラルは注目されており、不足しないよう注意が喚起されていますが、同じミネラルでもマグネシウムの重要性っていまいち認知度低いですよね。

最近では欧米を中心にマグネシウムが注目されているので、日本でもテレビなどで取りあげられれば、たちまち意識が高まるかもしれないです。

丈夫な骨のためにカルシウムを摂ることが大切だと言われていますが、実はカルシウムだけ摂っていてもダメで、マグネシウムとバランスよく摂取しなくてはいけないのだそうです。

厚生省が定めた成人一人当たりのカルシウム摂取量600mgに対し、マグネシウムは2分の1必要なので300mgが必要となります。

また、厚生省が定めた成人一人当たりのマグネシウム摂取量は370mgなのに対し、平均摂取量は240mgなので、130mgも不足していることになります。

なぜ不足するようになったのかは、加工食品やインスタント・冷凍食品などが多くなったことが原因の一つともいわれています。

マグネシウムが多く含まれている食品は

小麦胚芽、玄米、ほうれん草、ピーナッツ、わかめ、干しエビなど。

ほうれん草などの野菜に含まれるミネラルは、農薬や化学肥料などによる土壌の悪化で、数十年前に含まれていたミネラルの5分の1以下に減ってしまっているので、昔ほどミネラル補給源として期待できないそうです。

マグネシウムの不足は糖尿病の発症や生活習慣病との深い関係が指摘されており、糖尿病の治療にマグネシウムを用いた治療法もあるんだそうです。

また、けいれんやこむら返りなどもマグネシウム不足が原因となっていることが多いみたいです。

その他、体内のエネルギーの産生、細胞の新陳代謝、心身をリラックスさせる働きなどにも深く関わっています。

なんか色んな効果・効能がありすぎて頭がこんがらがってきそうですが、個人的に最も効果を期待したいのが、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などに対する働き。

昔から、アトピーには海水がいいといわれていますが、海水に含まれるマグネシウムの保湿効果がアトピーにいいんだそうです。

「マグネシウム経皮吸収療法」を実践したおもしろい動画もあったので、貼っておきます。

動画で使用しているのは「エプソムソルト」といって「硫酸マグネシウム」で出来ているのですが、それよりも今回購入したライフフローの「塩酸マグネシウム」のほうが効果的なんですって。

今回のマグネシウムオイルで効果がみられたら、「塩酸マグネシウム」のお風呂バージョンも今度使ってみようと思っています。

¥1,810(2015.7.14現在)

今まであまり意識してきませんでしたが、マグネシウムって重要な働きをしるんですよね。

上記にあげた、ガンや糖尿病、アトピーだけでなく、うつなどの精神的疾患、動脈硬化などあらゆる病気にマグネシウムはいいらしいのです。

経皮吸収の方が過剰摂取の心配も少なく、経口よりも吸収される割合が高いというのも、今回スキンケアでマグネシウムを選んだ理由です。

万が一過剰摂取になったとしても、体の外に排出されますが、腎臓に障害がある場合は、注意が必要なんだそうです。

マグネシウムオイルとネーミングされていますが、実はオイルは一切含まれていません。

経皮吸収しやすいといわれている「塩酸マグネシウム」100%で出来ています。

この商品の口コミも日本人5件に対して、英語圏221件。

しかもそれぞれのレビューに対する「役に立った」件数も90件以上なので、欧米ではかなり注目されている療法のようです。

アメリカの死因の第一位が心疾患で、マグネシウムは心疾患に対して重要な働きをするのが主な理由みたいです。

塩化マグネシウムを使ってみた感想・レビュー

スプレーをひと吹きすると、肌がジワーッとあたたかくなります。

液体自体は無色透明なのですが、この液体がなんともいえない不思議な感触なのです。

オイルは一切入っていないのに、まさにオイル。

ちょっとヌルッとするのに、でも水なんです。

使ってみると、オイルが一切入っていないのに何故「マグネシウムオイル」というネーミングなのかがわかります。

謎の液体・・・。

香りは、ほんのりと磯の香りと鉄の香りが混じったような感じ。

決していい香りではないのですが、鼻を近づけないとわからないくらいの微香です。

ちょっと付けるだけで、どこまでも伸びていき、いつまでも肌の上がポカポカと潤っています。

使い始めたばかりなので、効果のほどはまだわかりませんが、おもしろいので続けてみたいと思います。

購入したいけど、英語が苦手、海外通販サイトでの購入なんて不安という方も大丈夫。

私も今まで海外から輸入することなんてなかったのですが、今や輸入回数160回以上でトラブルは一度もありません。

買い物の方法は下記のページに、なるべくわかりやすく書いたつもりなので、よかったら参考にしてみてください。

⇒ 【iherbアイハーブの注文方法】 初めてでも英語が出来なくても簡単♪

アイハーブでの購入はクーポン利用が絶対おすすめ!

iherb アイハーブには、初回限定10ドル&5%割引で購入出来るクーポンがあります。

購入金額にかかわらず、下記のコードを使うと自動的に買い物額から値引きされるので、ぜひ利用してみてください。

iHerbの割引コード初回限定10ドル&5%割引ダブルのクーポン
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 娘。っ子 より:

    初めまして。いつも楽しくサイトを拝見させて頂いてます。
    私も軽度のアトピーもちでこの記事は特に参考にしています。
    現在使用しているという死海の塩ですが、最近3000円ほどにまで値上げされました。
    値上げはされましたが今後もこちらを利用していく予定ですか?
    それとも別のものの使用を検討しますか?また別のものを使用する場合はどれにする予定ですか?
    参考に教えてください。

    • kumiko より:

      コメントありがとうございます。
      記事のほう参考にしていただき光栄です。

      死海の塩は値上がりしても使い続けると思います。
      今のところ代わりになるものが無いので。
      他に良い商品を発見したら、記事でお伝えしようと思いますが、これ以上のものに出会える可能性は低いのではないかなというぐらい大好きな商品です。
      効果には個人差がありますが、参考になれば幸いです。

      • 娘。っ子 より:

        ご返事ありがとうございました。
        値上げされても尚使いたい超超おすすめだということがわかりました!
        ピュアマグネシウムフレークという商品を使っていましたが、次回さっそく購入してみようと思います。
        ありがとうございました。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ