• アイハーブ注文方法
  • iherbとは

※ アイハーブの送料や商品価格、割引クーポンなどが大幅に変更されました。修正しきれていない箇所もありますが、順次変更していきます。
【2018年8月2日現在アイハーブで使えるクーポン一覧】

  • ロイヤルティクレジット5%→10%期間限定増量中
  • 初回限定10ドル割引クーポンコード:JP2018
  • 初回・リピーター全員対象5%割引クーポンコード:KUM437
  • 初回アプリの購入で5ドルOFFクーポンコード:APPS2018

低GIで血糖値対策、イヌリンで腸内環境改善、ココナッツシュガーがすごい

低GIで血糖値対策、イヌリンで腸内環境改善、ココナッツシュガーがすごい

血糖値の上昇が体を焦がし、老化を招いてしまうことが明らかになり、ダイエットだけでなく老化の敵となってしまった砂糖。

老化やあらゆる病気の原因なのはわかってもやめられない甘い物ですが、血糖値を上げにくい低GIで、腸内環境を改善してくれるイヌリンが含まれているのがココナッツシュガー・・・

わが家の甘味料はずーっとココナッツシュガーを使用しています。

低GIで血糖値の上昇対策にもなるし、味もメープルシロップに近いキャラメル風味のコクとうま味があって美味しいです。

現在の割引は、初回限定10ドルOFFクーポン+全員・全商品対象5%割引クーポン

上記のリンクで、クーポンが適用されます。

  • 全員対象5%割引クーポンコード:KUM437
  • 初回限定10ドル割引クーポンコード:JP2018

さらに、40ドル以上で送料無料キャンペーンも行われており、コンビニ払いも利用できるように。

アイハーブは消費税8%もかからない上に、円高になるとさらにお得になります。

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

日本ではまだ知名度が低い、しかも高いココナッツシュガーですが、最近大ブレイクしたココナッツオイルに負けず劣らずのスーパー甘味料だったりします。

血糖値が急上昇すると、体が焦げる「糖化」によって老化の原因となるだけでなく、脂肪を貯めこんでしまうインスリンが分泌されて太りやすくなるというダブルパンチ。

なので、老化・ダイエットの両面から血糖値の急上昇は避けたいところです。

インスリン・血糖値は、糖尿病関連の言葉という認識しかなかったのですが、今はアンチエイジング・ダイエット関連で注目を集めています。

血糖値を上げにくい低GI甘味料のココナッツシュガーで糖化を防ごう!

血糖値が急上昇することで有名な白砂糖や果糖ブドウ糖液糖などを摂取すると、体内のタンパク質と結びついてカラメル化し、炎症を起こし焦げてしまう現象が「糖化」です。

お肌のハリの元となるコラーゲンもタンパク質。

コラーゲンももちろん例外なく焦がしてしまうということで、「糖化」はシワやシミなど老化に直結します。

甘味料がたっぷり入った甘いお菓子を食べなければいいのですが、そうもいかないので、なるべく血糖値を上げない低GIの甘味料ということで注目を浴びたのが「ココナッツシュガー」です。

血糖値の上がりやすさを示す指標となる、GI値を比較してみました。

白砂糖 109
黒糖 99
てんさい糖 65
ハチミツ 85
メープルシロップ 73
アガベシロップ 28
ココナッツシュガー 35

この糖化の発見によって、砂糖は太るだけでなく、あらゆる病気の原因となることが明らかになりました。

砂糖の過剰摂取による影響は、太っている人だけではないのです。

太らないからといって砂糖の摂り過ぎ状態を続けていると、糖尿病になることは有名ですが、体中が焦げまくって、老化しまくっているかもしれません。

もちろん、その状態は、がんや動脈硬化、生活習慣病を引き起こす原因ともなってしまいます。

いっぱい食べたら太る、寝不足が続いたら肌が老化するなど、見た目に直結してくれればいいのですが、糖化はわかりにくいんですよね。

知らないうちに糖化が進んでしまうので、糖化の原理はわかっていても、つい対策を怠ってしまいがちです。

個人的にも、面倒な対策はやっぱり出来なくて、白砂糖や黒砂糖をココナッツシュガーに変えているだけです。

子どもたちも甘いものが大好きなので、将来を考えて、ココナッツシュガーを使うようにしています。

ココナッツシュガーに含まれている栄養がすごい

ココナッツシュガーには、カリウムや鉄分、マグネシウムや亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。

この辺は黒糖もメイプルシロップも含まれているのですが、ココナッツシュガーにはさらにビタミン類も。

その上アミノ酸が16種類も、甘味料にしておくにはもったいないくらいの豊富な栄養が含まれています。

そして私的にこんなものも含まれているのかとビックリだったのが、食物繊維のイヌリン。

イヌリンって、元便秘持ちの私にとって神的にすごい効能をもった食物繊維で

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 便秘解消に役立つ
  • 腸内の善玉菌を増やしてくれる

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があるのですが、イヌリンは水溶性食物繊維に属します。

不溶性食物繊維は便のかさを増やす働きがあって、水溶性食物繊維は食後の血糖値の上昇を抑えてくれたり、脂肪の吸収を抑えてくれたり、腸内の有害物質を吸着し、外に排出してくれる働きがあります。

イヌリンは、体内に入って水分を含むとゲル状になり、余分な糖質やコレステロールなどの吸収を阻害してくれます。

イヌリン自体も糖質なんですが、イヌリンを分解する酵素が体内にないため血糖値を上昇させることなく、そのままの状態で腸に届き、腸内で発酵分解されて「フラクトオリゴ糖」になり、善玉菌のエサになります。

フラクトオリゴ糖は、善玉菌だけのエサで悪玉菌のエサにはならないので、腸内は善玉菌優勢となり、腸内が浄化されるというわけです。

最近便秘とはおさらばしていたので、イヌリンのありがたみをすっかり忘れていたのですが、イヌリンが入っている甘味料があるとは驚きでした。

ビフィズス菌とか乳酸菌とか、摂ってもちゃんと腸に届いているか定かではないし、届いたとしてもその人の腸内環境と相性が良くなければ棲みつづけられない弱さがありますが、イヌリンのようにもともと腸内にいる善玉菌をパワーアップさせてしまえば確実性が高いんじゃないかと思います。

イヌリンのように腸内の善玉菌のエサになるものを「プレバイオティクス」、乳酸菌自体を体に摂り込むことを「プロバイオティクス」というんだそうです。

とはいえ、ココナッツシュガーにはショ糖も含まれているというか、ショ糖がメインの甘味料なので、ショ糖は悪玉菌のエサとなってしまいます。

なので、いくら体に優しい甘味料といえども食べ過ぎには注意したほうがよさそうです。

⇒ 低GIのオーガニックココナッツシュガーは味もおいしい

ココナッツシュガー大絶賛ですが、アイハーブ歴は長いけど、ココナッツシュガーにハマったのは実は最近だったりするのですが、なんでもっと早く使わなかったかなと後悔するぐらい気に入ってます。

ココナッツシュガーはアイハーブでの口コミ件数も多く、買い物をするときにいつも目に入っていたのですが、ココナッツシュガーというネーミングがどうも健康的でヘルシーなイメージじゃないんですよね。

ココナッツオイルも美味しそうなイメージのネーミングなので、色々調べて使い始めるまでは「本当に体にいいオイルなの?」と懐疑的でした。

ココナッツシュガーに関しては下記のカテゴリーで、詳しく書いているので参考にしてみてください。

⇒ ココナッツシュガー

基本的にどのココナッツオイルもオーガニックなので、大差はないと思います。

非加熱のローココナッツシュガーもあります。

¥1,121(2015.7.10現在)

購入したいけど、英語が苦手、海外通販サイトでの購入なんて不安という方も大丈夫。

私も今まで海外から輸入することなんてなかったのですが、今や輸入回数160回以上でトラブルは一度もありません。

買い物の方法は下記のページに、なるべくわかりやすく書いたつもりなので、よかったら参考にしてみてください。

⇒ 【iherbアイハーブの注文方法】 初めてでも英語が出来なくても簡単♪

アイハーブでの購入はクーポン利用が絶対おすすめ!

iherb アイハーブには、初回限定10ドル&5%割引で購入出来るクーポンがあります。

購入金額にかかわらず、下記のコードを使うと自動的に買い物額から値引きされるので、ぜひ利用してみてください。

iHerbの割引コード初回限定10ドル&5%割引ダブルのクーポン
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ